FC2ブログ

さよなら、僕の10ステラ

前回の沖釣り釣行で、長年愛用していた私の相棒、10ステラ4000XGが壊れてしまいました・・・
釣行終了後にリールを洗うため、ドラグを締めるのですが、締め切ったな、と思った瞬間、
パチン、と嫌な音がして、ドラグがストップしなくなり締めることができないという、
いわゆるネジがバカになったような状態になってしまいました。

ドラグの調整がきかないため、当然ラインを引っ張ればジーっと音を立てて出続けます。
家に帰ってドラグを外して中身をチェックしたところ、ネジの溝部分がすり減っており、
これが原因でドラグが締めきれなくなったものと思われました。

去年、3.5万円という巨額の資金を投じてオーバーホールをしたばかりなので、
結構なショックだったのですが、とはいえこれはステラ。
今までも、そしてこれからも大事に使っていきたい私の相棒なので、またメーカーに
修理を依頼することにしたのですが!

10ステラは修理不能

と、SHIMANOのウェブサイトには載っているではありませんか・・・
終わった・・・

10ステラとの思いでが走馬灯のように蘇ってきます。
2012年にステラを初めて手に取った時の、高級感と何より巻き心地の良さ。
ショアから釣った3キロのヒラメ数々の青物、シーバス、etc.
20200329_3.jpg
普段はズボラな私も、釣行が終わるたびに真水で洗い、水気をきってから日陰で乾燥。
かなり使い倒した割には傷もそれほどついておらず、これからも私の重要な釣りアイテム
の一つだったわけですが、よりによってステラの真骨頂というべきドラグの部分から
壊れるとは。
20200329_2.jpg
このころのステラは、リールを入れる袋さえも高級だったんですよね。
20200329_4.jpg
うーむ。
悲しいし、痛い。

一昨年、ライトゲーム用に新たに18ステラ2500SHGを購入してはいるのですが、
この番手だとショアから40~60gのジグをキャストしてアクションするのには
少々無理があるし、ましてやオフショアのジギングには対応できません。

その点、ショアからのキャスティングゲーム全般を広くカバーしてくれていた
10ステラ4000XG。

8年間使い続けているのは、長いようでいて、いやいやいや、まだまだ、というのが
正直な感想です。

とはいえ、色んな楽しい時間を僕に与えてくれた10ステラ。
感謝してもしきれません。
もう、使うことはないかもしれないけど、大事にしまっておくことにします。
ありがとー!!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぴんちょす

Profile: 釣りをメインに釣った魚を色んな角度から料理して楽しむブログ。魚以外の食材にも積極的にチャレンジしていきます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR